子供の近視 視力回復と近視予防法公開

いまの子の近視

子供たちの遊びのツールとして、ゲームは欠かせない存在になっています。

 

パソコンや、携帯電話も生活の中に浸透しています。

 

今の時代の流れと、うまく共存していかなくてはなりません。

 

毎日の生活の中で、目には大きな負担を強いられています。

 

テレビゲーム、パソコン、携帯電話を使うときは、常に近くのものを 凝視しています。

 

小さい頃からこのようね近距離作業を続けていれば近視になるのは当然といえます。

 

実際、強度近視の低年齢化は、年々増加しています。

 

以前、眼科医のブログの中にこのような書き込みがありました。

 

「近視は病気ではなく、単なる屈折異常にすぎないので、近くの物を見るのに 便利で、遠くを見るときはメガネをかけると良い」

 

近視は、近くのものを見るのに適した目ではありません。

 

健康であれば、近くの物も、遠くの物も見えるのです。(当然の事です)

眼と脳の関係

「集中力が続かない」「記憶力が低下している」そう思い始めたら まず視力低下を疑ってみてください。

 

視力と記憶力、集中力は密接に関係しています。

 

眼は命にかかわる多くの情報を、他の器官よりも多くとらえ、脳に送っています。

 

見るという作業は、ただ単に眼に映るものを認識する作業ではありません。

 

眼によって取り込まれた情報は、脳に送られ、ものを考えたり判断したり
するための手がかりとなります。

 

見るという行為は、眼という器官のみの作業ではなく、人間にとって最も重要 な器官、脳の作業でもあるということです。

 

この大切な「見る」という作業、正常な視力を持った眼にとっては、なんというこ ともない作業ですが、視力が低下している人にとっては大変な努力を必要とするものになりま す。

 

あいにくい焦点を合わせたり、見えるまでジッと見つめたり、視力の悪い人がよく 「眼が疲れる」と訴えるのはそのためです。

 

脳のほうは、見ることがこれほど疲れるのなら、ハッキリ見えるまで見ないで、 焦点を合わせたりするのはやめておこうと考えます。

 

はっきり見ていないものを記憶することはあいまいに記憶してしまいます。結果、記憶力は低下します。
さらに悪いことには、脳は「ハッキリ見えるまで見よう」という意欲を失ってしまい、眼にハッキリ見ることを命令しなくなるのです。

 

視力が低下すれば、さらにものを見るのに努力が必要となり、脳は疲れるのでまた意欲を失うと いう、悪循環が始まってしまうのです。

今時の子供の近視

中学生頃から増加し、高校生では過半数が近視といわれています。原因はまだよく解明されていませんが、先天的な素質と後天的な環境因子が結びあって起こると考えられます。すなわち、親や兄弟に近視があればなりやすく、また、日本人は近視になりやすいという、人種的な要素もあるといわれています。環境的な因子としては、近業を続けることによる目の疲労です。

 

小学生の頃、長時間近くを見るために起こることが多いので、学校近視と呼ばれています。 受験戦争が激しい、家が狭い、テレビ・パソコンを見る、漫画を見る、ゲーム機で遊ぶ……など悪条件が重なって増えています。 照明や姿勢に気を配り、目を疲れさせないなど気をつけたいものです。 ブルーベリーなどの健康補助食品も上手に取り入れるのもいいかもしれませんね

長時間トイレに行けない環境

トイレが近い悩みは、実際になった事のある方でなければ分からないかもしれません。
具体的な症状としてはトイレが近い事で、それ以外にはありません。
トイレが近い事で起こり得る問題を挙げていけばかなりの量となるかもしれませんが、目先の問題にだけ目を向けてみれば小さな事です。
トイレが近い事で起こり得る問題について考えてみると、やはりトイレに時間を取られる事が一番の問題でしょう。
何かをしている時、特に仕事中にトイレが近いというのは作業能率にも影響する大きな問題です。
それでもまだ、トイレに行ける環境ならばトイレが近い事も何とかなるでしょう。男の尿漏れ改善
まずいのは長時間トイレに行けない環境にいなければならない時で、これはトイレが近い方にとってかなりのストレスとなるのではないでしょうか。

 

トイレが近い事から、思わぬ病気に気付くかもしれません。
単純に見れば水の飲み過ぎなど、トイレが近い原因は考えられますが別の方面に原因が存在する事もあるのです。
飲み物の飲み過ぎ、つまり水分の摂り過ぎでトイレが近いのは摂取量を適切にする事で解決される問題ですが何らかの病気が原因の場合は異なります。
まずは原因を突き止め、病気を治さない事にはトイレが近い問題も解決されません。
具体的には、膀胱炎や前立腺肥大症といった排尿に近い場所に起こる病気からトイレが近い問題は起こります。女の尿漏れ

口は入口であり、出口でもあります

口臭に限りませんが、自分の臭いというのは、なかなかわからないものです。
試しに、自分の体を嗅いでみても、「匂わない」という人がほとんどでしょう。

 

そこで、自覚できない臭いについては、予防するしかありません。
口臭の場合、臭いの原因がはっきりしていることが多いので、比較的対処しやすいものです。

 

まず、原因は大きく分けて、胃などの内臓と口の中にあります。
飲みすぎた後や、臭いの強い食べものなど、思い当たることがある時は、
たとえ一時しのぎでも、歯磨きやガムに頼って欲しいものです。

 

周囲に臭いを撒き散らして大迷惑、、、、なんていうのも、よくあることですから、気をつけたいものです。
特にエレベーターなどの閉じられた空間では、周りの不快度が高まりますから要注意です。

 

口の渇きも口臭の原因になります。
緊張した時は、水分補給した方が良いようです。
ガムも有効ですね。

 

問題は、特に思い当たることがない場合。
もしかすると、気づかない虫歯や、胃腸の病気が隠れているのかも知れません。
まずは歯医者さんで診てもらいましょう。
悪いところがないと思っても、定期的な検査は受けておいた方が、虫歯の早期発見にもなって、医療費軽減につながります。
不快な臭いを出す前に、予防を心がけるようにしたいものです。
口が臭いを改善する